New Jewelry NEXT
Autumn

CLASKA 8F "The 8th Gallery" で開催される展示販売会のご紹介です。

newj_main.jpg

次世代を担うブランドが集結する "New Jewelry NEXT"。

多彩な素材の新しい可能性を見出し、新たなクリエーションを発信するフレッシュなジュエリーブランドが集結、初めてお目見えする新ブランドの出展にも注目です。

新しい感性のジュエリーとの出会いに、どうぞご期待ください。


New Jewelry Next Autumn
[会場]CLASKA 8F "The 8th Gallery"
[日時]2017年9月8日(金) 16:00~20:00 / 9日(土) 11:00~20:00 / 10日(日) 11:00~19:00
*9月8日(金) 16:00~20:00 レセプションパーティー(簡単なフードとドリンクをご用意しておりますので、どなたさまでもお気軽にご来場ください。)
[主催]New Jewelry http://newjewelry.jp/


Exhibitor

16
"立体感"をコンセプトに、薄いメープルの無垢材を何層も重ねたジュエリーを制作。華やかではないけれど人と違った個性のあるモノづくりを目指しています。同じ木でもひとつひとつの木目や色が違い、経年変化も楽しめる天然素材ならではのアイテム。驚くほど軽いので着けていても疲れないのも特徴です。

3329-mimizuku
様々なボタニカルモチーフをレザーで表現した日常にもドレスアップにも溶け込むアクセサリーブランド。レザーパーツはすべて成形から染色までデザイナーが手作業で加工した世界に1つだけのオリジナル。革の特質を生かしながら、従来の革製品にはない色合いと繊細な造形で、造花だからこそできる独自の世界観を表現しています。

aurora glass
過ぎていく時間の尊さと繊細なガラスの儚さは、光降り注がれることで、きらめきはじめます。そのきらめきは輪郭に、やがてかたちに。耐熱ガラスに人工石や天然石などを使うことで、光のしずくを身に纏うように制作しています。

CALL MOON
CALL MOON が目指すのは、身につけた人のありのままの美しさを引き立て、そして時の経過を楽しめるような心地よさ。体のラインや手の動きに調和し、日常に溶け込むジュエリーは、静かでミニマル、それでいてしなやかな強さをもたらしてくれます。

cocozelle
古代、中世ヨーロッパ時代の不完全なかたちのジュエリーに魅かれ、不完全なもの・かたち・アンバランスなもの・その一瞬にしかできないかたちの美しさをジュエリーで表現。非常に華奢で繊細なものが多く、独特なデザインの中にも女性らしさが光る。

erica miyake
規則性あるパーツの組み合わせが作り出すミニマルな装飾のジュエリー。シンプルな中に「光と影」を表現したデザインが特徴です。金属の表面に打ち込まれた「表情」は光を反射し、パーツの組み合わせで揺れる光と影は使う人を引き立て、様々な組み合わせで自分だけのスタイルを楽しめます。

gungulparman
「モノは人をさまざまな世界に運んでくれる乗りもの」をテーマに、グラフィカルな表現を組み合わせながら、リアルとファンタジーを行き来するような世界観でアイテムを制作。1st シリーズ「fabric jewelry」は、包む・詰めることでできるパーツのフォルムを活かし、ユーモアある美しさを目指しています。

inch"
"ゆるいパンク" "優しいメタル" をコンセプトに、素材と技法にメタル魂を包み込むことにより生まれる作品。尖ってるけど柔らかい、不思議な着け心地、硬質だけど生き物チック。相反する感覚が同居する、ビーズと糸でしか表現できない作品は、全てオリジナルの編み図で制作されています。

itoiro
糸の持つ柔らかさ、光沢の美しさを大切に一つ一つフレームから手作業で組み上げ、縫い針を用い一針一針丁寧に編み上げています。永遠に対する憧れと儚さの中にみる美しさ。一針一針編むことは祈る行為でもあり、制作するその一瞬一瞬が真心と優しさで彩られています。

JEWELRY MISUZU.
"いくつになっても可愛いが好き。" をコンセプトに、ハンドメイドならではのデザインで、身に着けると楽しくなるモノ作りを目指してジュエリーを制作。

KAKERA
海辺の貝殻や、壊れてしまったガラス、KAKERA は日々見落としてしまいそうな小さな物を掬い上げ、形にし磨くことで、特別な一点として大切な人へ届けるアクセサリーブランド。小さなKAKERA たちが皆さまの手で新しい旅路にでられますように。

koichimatsumoto
「妻へのギフト」をコンセプトに、毎月1点、妻へアクセサリーを贈るように作品を制作しています。特徴・植物を主なモチーフとし、白磁を素材に彫刻或いはレリーフを施し、上絵や金彩を組み合わせて表現。シンプルな装いに、1点ものアクセサリで飾るイメージです。

L.W
L.W(line work)はシンプルに描けるカタチに、材料の特徴を活かした工夫を施すことで何気ない日々を彩るアクセサリーへと昇華させる事をコンセプトにしたブランド。プロダクトデザイナーならではの発想で日々の暮らしに艶を与え、手にした方にとって、肩肘張らない普段使いのアクセサリーとなる事を願って。

MABI
"自分らしく前向きでいられるリュクスなお守りジュエリー" をコンセプトに、嫋やかで、強くたくましい女性の美しさを金属とパール、鉱物で具現化するジュエリーを展開。

marujyu to c
「非日常を日常に」時代を超え、地域を越えてきたアンティークビーズは、その存在そのものが奇跡、非日常の品。その非日常である古の宝石を、現代の生活の中で心地よく使っていく。特別な時間、場所ではなく、いつもの時間、いつもの自分を豊かにするアクササリーです。

matsuo ikuko
"光を纏う" サンゴや石等の粒子で描き、散りばめ、ギュッと固め、日本画の伝統的な画材を現代的な感性でジュエリーに。粒子の重なりは、シーンやその日のお洋服によっても全く違った表情を見せてくれます。透明感あふれる異素材のレイヤーも特徴的です。

misa
季節の草花など、日々目にする自然の中で美しいと感じたものをモチーフに、流行に左右されることなく自分らしさを楽しむ女性に送るハンドメイドジュエリー。繊細でさりげなく優しい印象が残るような仕上がりを意識して、なるべくシンプルなラインを使って一点一点細部まで大切に制作しています。

nam
古代の宝物のようなプリミティブ性を持った、未完の美を感じさせるジュエリー。ひとつひとつ丁寧に手の仕事にこだわり、一貫して作り込んでいったその作品は、身に着けると今まで自分でも気が付かなかった心の中の輝きが湧き上がってくる、"自分が満ちていくジュエリー" がコンセプトです。

nezu
"なにか" と "なにか"。素材の組み合わせから生まれる、新鮮な化学反応、その出会いはきっと、新しい "たのしさ" になる。さわった感覚を楽しむ洋服の生地のように、アクセサリーも触った感覚を楽しむデザインをしています。

niu.
niu. とは、ハワイ語で『木』という意味。『木と金属』異素材が織り成す、日々の暮らしに一匙のスパイスを与えるブランド。普遍的なカタチとカタチの組合せが、心地よいカタチへ変化する...小さなジュエリーに潜む「余白」の部分を大切に、身に着けた時に生まれる余白の空間があって初めて成立するジュエリーを届けます。

Nolism
ヤキモノをジュエリーにする上で、最も大切にしているのは豊かな色彩。ヤキモノには想像をはるかに超えるたくさんの色があり、様々な条件により無数の色を作り出すことができます。ヤキモノを素材とすることで日々の暮らしにそっと寄り添うジュエリーを。Nolism は、暮らしの中に小さな笑顔と喜びを贈ります。

NOUE
女性の持つ本質的な美しさを引き出せるよう、余計な装飾を排し、構築したアクセサリー。幾何学的な線の流れが女性の柔らかな魅力と重なり、都会的で洗練された印象を演出します。繊細で軽やかなつけ心地に、ほんの少しの緊張感とエレガンスさを。表現と実用性のバランスを大事に、様々な場面で使えるデザインを心掛けています。

OCHIAI DESIGN PROJECT
50年間レーザー加工、溶接などの技術で、精密板金加工を手がけてきた落合製作所。さまざまなデザイナーとともに、金属の美しさや新しい可能性を表現するものづくりに取り組んでいます。一枚の金属板をレーザーで繊細にカットすることで生み出される、クールな質感のアクセサリーコレクションを展開。

oike yuika
「水がながれ、風の吹くジュエリー」朝陽に照らされキラキラとしている湧き水をたっぷり含み、心地よいそよ風に包み込まれている。そんなジュエリーになるようにと制作。デザインのこだわりは、流れや動きを大切にすること。身に着けた時にも自然と体に馴染み、共に動いているように楽しめます。

OpenYourAppetite!PARIS
『パリジェンヌが愛用するような...』をコンセプトにしたブレスレット専門店。パリが大好きなデザイナーワダトモエが、パリの風景、伝統的な色使い、絵画、香水等の香りからインスピレーションを得てデザイン、華奢で可愛いブレスレット達を重ね付けして自分の為だけの手元のオシャレを楽しめます。

Pahi AMULET
Pahi とは "ご加護を、、" という意味を持つサンスクリット語。Amulet とは "お守り" という意味。着色のない宝石をつかい、ひとつひとつ手創りで生み出されるお守りの意味を持ったジュエリーたち。あなたと同じ、世界にひとつのJewelry を届けます。

PIVOINE
ブランドネームはシャクヤクのフランス語名から。異素材、両極イメージの要素をミックス。ウッドとレジンを組み合わせたアイテムを提案。生産はフィリピンの職人がひとつひとつ丁寧に仕上げるオールハンドメイドです。

plus.jewel
「ミニマルな中に少しの遊び心をMIX したデザイン」ジュエリーを自分らしさを表現するためのツールとして捉え、「ミニマルと遊び」のバランスを意識した、どこかぐっと惹きつけられるようなデザインを提案。可愛いんだけどシャープ。シンプルなんだけど遊びがある。デザイナーがひとつひとつ想いを込めて制作します。

pupila カミツレ
『ノスタルジックとファンタジーを身に纏う』をコンセプトに、木と天然石・ガラスビーズなどを組み合わせ、月の光が優しく降り注ぐ森の中をイメージしてアクセサリーを制作。日々に寄り添えるものとなればと願って。

RITUAL the crafts
水引と木を素材としたアクセサリー。絵描くように表現した色彩やフォルムにより新しい水引の形を探求し、水引のもつ儀礼や儀式的な伝統的側面と、描く・創作するという個人的側面を親和させた美術品とアクセサリーを制作、発表をしています。

ROVA ROVA
頭の中にある手を動かして創りあげる、少し遊びのある独創的なアクセサリー。シンプルと存在感。2つのバランスを大切に、衣服との相性を考え、様々なスタイル・シーンで身につけられることを想定したデザインを提案しています。

SAKURA堂 store
オーガニックコットンのウェディングドレス制作時に出る『はぎれ』を使った、ハンドメイドのアクセサリーブランド。アートフラワーや刺繍の技術を取り入れ、ナチュラルに+α『日々を華やかに飾ってくれるアクセサリー』を提案しています。

sccoa
Simple Clear Contemporary Original Accessories
ブランド名はコンセプトの頭文字をとってsccoa(スコア)。シンプルだけどどこか個性が光っていて、今の時代を感じられるようなデザインを心がけています。

SRS
"肌の上で光学現象へ還元された後、身体とのやりとりを重ねることで新しい意味を獲得していくジュエリー" をコンセプトに、身に着ける人・それを見る人との知覚と自由に呼応し合うような形を意識して制作しています。

Sushikatten
ガラス工芸のパートドヴェール製法を用い、デザインから最終研磨まで世界でたったひとつの身に纏える小宇宙を制作。身に付ける人とのダイアログを生み出せるようなジュエリーでありたいと願って。

toi bonheur
真鍮・silver・goldなどの硬質な物に、革・天然石・プリザーブドなどの様々な素材を合わせることによって、自然界に息衝くものを思わせる様な芯のある強さ、そして、儚さを表現出来る様に...と想いを込めて制作しています。

tsububu
ビーズやスパンコール一つ一つを布に刺繍し、アクセサリーに。色と色、形と形のぶつかり合いから生まれる「間」。自分の「間」を大事にビーズやスパンコールの集合体が作り出す形を楽しみながら、また、形の制約のあるなか生まれる偶然の形を生かせるよう制作しています。

YUKA HOJO
泣いたり、笑ったり、恋をしたり。こころをしめつけられるような瞬間。儚くて、愛おしい、何でもなくて特別な毎日。あるがままに身をゆだねて見えてくる、きれいな光、きれいな世界。誰もが内側に秘めた美しさを映し出す、手仕事の温もりを感じる、優しい大人のための上質なジュエリーコレクションです。

YURI MIYATA
登山中に見つけた植物や景色からインスピレーションを受け、アクセサリーを制作。新鮮な驚きを与えてくれる山道を歩いて感じた様々な魅力をシンプルな形状に落とし込み、普遍的なデザインとして永く愛用して頂ける作品を目指しています。

アトリエまな
コンセプトは「大切な人にプレゼントしたいアクセサリー」。素敵な童話が時を超えて愛されるように、お気に入りのアクセサリーをつけた時に感じる幸せを、大切なあの人に伝えたくなるようなものづくりを目指しています。

The 8th Gallery

The 8th Gallery/エースギャラリー
〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
担当: 大槻 E-mail: the8th.gallery@claska.com
Tel: 03-5773-9667 Fax: 03-5773-9668

The 8th Gallery について / これまでの展示会・イベントについて詳しくはこちらのページをご覧ください。 ご利用規約および料金についてはこちらの資料をご覧ください。