New Jewelry Next Spring

CLASKA 8F "The 8th Gallery" で開催される展示販売会のご紹介です。

newjewelry_main.gif

次世代を担うブランドが集結する "New Jewelry NEXT"。

3月10日(金)〜12日(日) の3日間、目黒CLASKA にてNew Jewelry Next Spring を開催いたします。

初めて春開催をする今回のNew Jewelry Next では、次世代を担う、今注目のジュエリーブランドが集結、初出店のニューカマーもお披露目いたします。

春を彩る新たなクリエーションとの出会いに、ご期待ください。


New Jewelry Next Spring
[会場]CLASKA 8F "The 8th Gallery"
[日時]2017年3月10日(金) 16:00~20:00 / 11日(土) 11:00~20:00 / 12日(日) 11:00~19:00
*3月10日(金) 16:00~20:00 レセプションパーティー(簡単なフードとドリンクをご用意しておりますので、どなたさまでもお気軽にご来場ください。)
[主催]New Jewelry http://newjewelry.jp/


Exhibitor

alinoma
alinomaは「狩猟・採集」をテーマにジュエリーを制作するマチコのジュエリーブランド。狩猟・採集という野性味のあるテーマからは想像できないような柔らかく、エレガントな印象が魅力。自然なフォルムを活かしたデザインは本来のあなたの持つありのままの美しさを引き出します。

AROM.
ミラノ在住日本人デザイナー建野みどりによるジュエリーコレクション。イタリアの華やかさと大胆さ、クリーンでミニマルな日本らしさ。両カルチャーのエッセンスを取り入れたデザインが特徴。シルバー、ゴールドを中心に全てのアイテムをミラノで制作しています。

aya iiizumi
「日々の装いに彩りを」新しいけれど、どこか懐かしい繊細でいて華やかなアクセサリー。自分らしさを引き立たせる小さな宝物になるようにと願いを込め、糸やビーズ、スパンコールを使ってモチーフから連想されるイメージや形、色を描くように一針一針刺繍して制作しています。

beachy treasures
1年を通じて海に潜り、浜辺を歩き、常に自然の中に身を置くようにしているというデザイナーが、実際に海で探し集めた素材から作られたジュエリー。刹那と永遠が入り混じったセンシュアルな美しさが魅力です。

BONHEUR
天然石・淡水パールを使用した、ビーズ刺繍ジュエリーブランド。着ける人が"Bonheur=幸せ"な気持ちになりますように、と思いを込め一粒一粒刺繍。デザイナーが"絵を描くようにジュエリーを作りたい"という気持ちを込め、全て手作業で作る、世界に二つとない作品ばかりです。

comado
シンプル シック ユーモアに。質感と細部の丁寧なメイキングにこだわり、身につける人の自然体な動作を引き立てるジュエリー。身につけるたびに楽しみをこっそり見出すようなコレクションを展開します。

DUALCORE
"Street Luxury(ストリート・ラグジュアリー)"を提案するユニセックスのジュエリーを展開。ストリートの軽快さ、クールさ、遊び心を忘れないままに素材は本物のみを使用。キッズの心を忘れない大人の男女へ送ります。

ETSUSHI
他に類のない手作りの刺繍アクセサリー。プリミティブな感覚を大切に、日常の中で思い浮かんだ形や色を刺繍しています。独特な刺繍方法により色鮮やかで味わい深い作品が魅力。

HIKARUITO
ミシン糸を使用してすべての作品を手編みで制作。小さくても存在感があるモノを、いつもの生活にプラスすると楽しくなるモノを、どの角度から見ても魅力的なモノを、という思いを込めて。

HIROKO IWASAKI JEWELLERY
ユニークで洗練、上品なコスチュームジュエリー、アンティーク風ジュエリー、コンテンポラリージュエリーなど幅広いスタイル、デザインを取りそろえた"色んなタイプのジュエリーに出会える場所"として展開。

ifme
ifme~もしも私にできることがあれば~をコンセプトに、ひとり、ひとり「違う」ことを「個性」と捉えユニークなフォルムや独特な色使いのジュエリーを展開。誰かと同じではなく、誰とも違う、そんな作品が魅力です。

JIGUM
韓国語で「今」を表す「JIGUM」。「あなたの最も幸せなこの瞬間、いま。」という意味からブランドが始まり、瞬間瞬間の幸せな記憶をもつ作品たちを作っています。

KANACO
光 影、喜び 悲しみ、繊細さ 力強さ ...
人や物事は複雑で、相反するものも混在しています。一つの範疇にはおさまらない人の思いを投影でき、様々な情景を思い浮かべられるジュエリーを作りたいと願って。

KARIN
森羅万象から得たインスピレーションを、シンプルなカタチに。地球のカケラである天然石や貝の中で生み出される真珠を使って創るジュエリーは、繊細でありながら、凛としていてちょっとだけマジカル。そんなジュエリーを目指して制作。

kumenao
シルバーをメインにジュエリーを制作。地金を叩く、巻く、切る、繋ぐ。叩く、叩く...シンプルな工程を繰り返し、形作る。身に着けるとしっくりと馴染む、心地のよいものを作っています。

KYOKO TSUDA
グラフィック的感覚を生かしながら作られたKYOKO TSUDAのアートジュエリー。アクリルパーツと金属のプレートを繋ぐことで様々な表情を見せるBIJOUシリーズや、素材感を生かしながら新感覚の陶の作品など幅広い作品を発表。

L.W
L.W(line work)はシンプルに描けるカタチに、材料の特徴を活かした工夫を施すことで何気ない日々を彩るアクセサリーへと昇華させる事をコンセプトにしたブランド。手にした方にとって、肩肘張らない普段使いのアクセサリーとなる事を願って。

Little Riddle
人になじむベーシックな素材を用い、身に着ける詩篇のように、ただ着飾るためではない、自分のあり方にプラスなってくれるアクセサリー、身に付ける人の気持ちに寄り添うようなアクセサリーをめざしています。

lueur
Lueur(リュール)はフランス語で微かな光の意。無くても生活はできるけど、あるとちょっぴり心が豊かになる。そんな、《日常に光を添えるもの》をコンセプトに、樹脂を使い光を感じさせる透明感のあるアイテムを中心に展開。一瞬一瞬の"出会い"を楽しんでいただけるジュエリーです。

Marzo
作品は単なるファッションとしてのジュエリーではなく、持ち運びの出来るアート作品。身につけることで、生まれる新しい価値観が、生活の中で心豊かな面白みとしてあることを想像しながら表現しています。

matori
「matori」の特徴は、ひと筆ずつ自身が描く絵画と立体造形を融合し、耳飾りとして表現している事。今季は『小さな幸せ』がテーマ。幼少時の記憶に残るふとした瞬間の小さな幸せを色合いやカタチにしています。

me.ie
摘み取って吸った花の蜜、大事にしまい込んだ色とりどりのビーズ、夕日で真っ赤に染まったあの日の海辺、懐かしい記憶の一辺のようなジュエリーで自分らしく自分を飾る。デザイナーの記憶の断片をモチーフに、細部までこだわった作品を大人になった少女のために展開するブランドです。

MOMOKAMEI
"かたちであそぶ"をコンセプトに、普段から目にしているカタチ、シンボル、サインをもちいて、シンプルで繊細なアイテムを展開。新作の"POWER-ON"、"Weather Forecast"では、グラフィカルでアートを感じるコレクションを発表。

Muresi
[記憶を持つジュエリー]をコンセプトに、手作りでしか表現できないニュアンスや一瞬の記憶、その時の心情を大切に感じ取っていつまでもその人に寄り添うように想いを込めて制作しています。

nibi
nibi 「鈍色」(にびいろ)・・・古い日本の色の名前。使っていくうちにくすんだり、傷が付いたり、でもそれを愛でていき、日常の中で凛とたたずむようなジュエリーを。

NOUE
女性の持つ本質的な美しさを引き出せるよう、余計なものを削ぎ落とし、そこから再構築したアクセサリー。ゴールド、シルバーを用いた幾何学的な線の流れが女性の柔らかな魅力と重なり、都会的で洗練された印象を演出します。

PRISM
幼い頃から虹を見つけると目に焼き付けるようにずっと眺めていた少し特別で幸せな存在、雨の日も晴れの日もプリズムに通した光のように毎日が鮮やかに輝くそんなアクセサリーをご提案します。

Rem
ビーズ刺繍を用いたキッチュでユニークな耳飾り。「ビーズ刺繍」のイメージを変える立体的なフォルムや異素材ミックスで存在感あるアイテムを生み出す。幾重にも重なるスパンコールやビーズのグラデーションが特徴です。

Rough'N'tumble
コンセプトは「Urban ethnic」。レザー・シェル等の天然素材に幾何学模様を組み合わせ、制作しています。大振りだけど繊細、シンプルだけど存在感のあるデザインのアクセサリーです。

SA:RA
革でありながら繊細で女性らしいアクセサリー。生革で制作したclear accessoryは透き通ったガラスのような繊細さが魅力。身につける方に寄り添い一緒に年を重ねていけるアクセサリーを手がけています。

saia
ミニマムなデザインでありながらも個性の光るジュエリーをコンセプトに、女性らしい柔らかさや強さを、フォトジェニックにしたてるブランド。さりげなく個性を纏い、日常に彩りを添えてくれる、肌馴染みの良いデザインを提案。

sccoa
Simple Clear Contemporary Original Accessories
ブランド名はコンセプトの頭文字をとってsccoa(スコア)。シンプルだけどどこか個性が光っていて、今の時代を感じられるようなデザインを心がけています。

serial number
-- 足しすぎず 引きすぎず 心地よく --
自然体ながらも、自身のこだわりを持つ大人の女性に向けたヘアアクセサリーブランド。使う程に風合いを増す素材を主に、質感やバランスにこだわってデザインしています。

siki
「装うオブジェ」をコンセプトに、フォルム・色彩・着け心地のよさにこだわった装身具を提案しています。ブランド名の由来は「色彩」。日常がほんの少し鮮やかになればという思いが込められています。

SRS
"肌の上で光学現象へ還元された後、身体とのやりとりを重ねることで新しい意味を獲得していくジュエリー"をコンセプトに、身に着ける人・それを見る人との知覚と自由に呼応し合うような形を意識して制作しています。

SUNI
世界をマクロとミクロの視点からとらえ、アートをジュエリーに昇華するSUNIのジュエリー。アート活動とリンクしながら1つずつ形を考え生み出される世界は、彫刻的であり哲学的です。

Sushikatten
ガラス工芸のパートドヴェール製法をメインに、デザインから最終研磨まで、世界でたったひとつの身に纏える小宇宙を制作。身に付ける人とのダイアログを生み出せるようなジュエリーでありたいと願って。

uran jewelry works
ただ身につけるだけではなく、そこに会話が生まれるジュエリーを提案。使わない時も美しい佇まいがあり、使うと心地良い。そんな「用と美」を兼ね備えたデザインを追求しています。

YUKA HOJO
誰もが内側に秘めた美しさを映し出す、手仕事の温もりを感じる、温かくて優しい大人のための上質なジュエリーコレクション。

3329-mimizuku
レザーパーツはすべて成形から染色までデザイナーが手作業で加工した、世界に1つだけのオリジナル。しなやかで耐久性にも優れた革の特質を生かしながら、従来の革製品にはない独特の色合いと繊細な造形で独自の世界観を表現しています。

New Jewelry Next を盛りたててくれる、数々の新しいブランド。
この春、新しい出会いを楽しみに、ぜひ足をお運びください。

The 8th Gallery

The 8th Gallery/エースギャラリー
〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
担当: 大槻 E-mail: the8th.gallery@claska.com
Tel: 03-5773-9667 Fax: 03-5773-9668

The 8th Gallery について / これまでの展示会・イベントについて詳しくはこちらのページをご覧ください。 ご利用規約および料金についてはこちらの資料をご覧ください。