NOddIN 2nd Exhibition

CLASKA 8F "The 8th Gallery" で開催される展示会のご紹介です。

20140421_noddin.jpg

本当にこれまでの価値観のままでいいのか?
3.11という地点を通り、 価値観がひっくり返るのを感じました。私たちは、作り手としての視点と責任からこれまでのような作り方、ものの見かたを一度変えなければ、と昨年の夏に最初の展覧会をいたしました。

2013年8月30日~9月3日@CLASKA 8F The 8th Gallery にて行われた、NOddIN 1st Exhibition は約1000人の方々にご来場頂きました。来て頂いた皆様との対話を通し、NOddIN の存在意義を改めて感じ、継続していくことを決意しました。

この度、NOddIN 2nd Exhibitionを数名の新たな同志を加えて、2014年5月2日~5月9日に、前回と同じくCLASKA 8F The 8th Gallery にて開催致します。

NOddIN は組織名ではありません。 NOddIN とは、今までと違う視点を持って生きていきたいと思う心の集まりです。 今までの視点とは別の視点を持つ必要を感じて映像作家達が集まり、各自の信念のもとそれぞれが自主制作にて作品を制作しています。

私たちが私たち自身で社会の在り方を考えること。NOddIN に集ってくれる皆様と身近な未来、ずっと先の未来について、対話をしたいと願っています。

第2回目からはこの活動を「NOddIN 行動する表現」と位置づけて、私たちが表現のみにならないように、また議論のみにならないように戒めて進んでいこうと思っています。

会場で皆様をお待ちしております。

NOddIN 一同

[Members]
谷一郎 / 丹下紘希 / 石井貴英 / 島田大介 / 関根光才 / 高橋聡 / ショウダユキヒロ / 柿本ケンサク / 佐藤亜美 / 東谷祐介 / 並河進 / 市川江津子 / 水谷明希 / 半田昌志 / 望月彰宏


NOddIN 2nd Exhibition
[会場]CLASKA 8F "The 8th Gallery"
[日時]2014年5月2日(金)~9日(金) 11:00~20:00 ※初日16:00~ / 最終日~17:00
[RECEPTION PARTY]5月2日(金) 18:00~20:00

ウェブサイト
http://noddin.jp

Facebook
https://www.facebook.com/pages/NOddIN/136780993161215


NOddIN 2nd Exibition Event Program (プログラム画像をクリックするとPDFが立ち上がります。)

20140430_noddin_event.jpg

5月3日(土) 13:00~14:30
NOddIN プレゼンテーション(モデレーター 林永子)
NOddIN参加作家による各作品のプレゼンテーション。林永子さんをモデレーターに迎え、作品上映と作品解説を行います。
谷一郎・丹下紘希・石井貴英・島田大介・関根光才・高橋聡・ショウダユキヒロ・柿本ケンサク・佐藤亜美・東谷祐介・並河進・市川江津子・水谷明希・半田昌志・望月彰宏
[林永子]
1974年東京都生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒業後、映像制作会社に勤務。ディレクターのマネジメント、MVの監督展の企画制作を手がけ、2002年に独立。以降、月刊「コマーシャル・フォト」等で映像ライターとしての活動を開始。現在は、執筆活動やイベントオーガナイズ、トークライブのモデレーター等で映像文化を支援する傍ら、コラムニストとしても活動中。

5月3日(土) 17:00~18:30
谷崎テトラ氏トークセッション(聞き手 丹下紘希)
「ワールドシフトとパラダイムシフト」(文明の転換と価値観の転換)
[谷崎テトラ]
1964年生まれ。ワールドシフトネットワークジャパン代表理事。環境・平和・社会貢献・フェアトレードなどをテーマにしたTV、ラジオ番組、出版を企画・構成するかたわら、新しい価値観(パラダイムシフト)や、持続可能な社会の転換(ワールドシフト)の発信者&コーディネーターとして活動中。リオ+20など国際会議のNGO参加・運営・社会提言に関わるなど、持続可能な社会システムに関して深い知見を持つ。

5月4日(日) 13:00~14:30
並河進×丸原孝紀氏ワークショップ「NOddIN 言葉の場合」
社会的テーマをお題に、言葉で遊んでみよう。映像作家でなくても、コピーライターや詩人でなくても、誰でも参加できるワークショップです。一見無関係な言葉と言葉を組み合わせる発想ゲームで、きっと、新しい視点が見えてくる。言葉の面白さ、そして、言葉の力を、体験できる時間にしたいと思います。
注意事項]
参加費は無料です。定員50名までとさせていただきます。当日、ペンをお持ちください。その他に、ご用意いただくものはありません。参加ご希望の方は12時50分までに会場にお越し下さい。詳しくはfacebookのイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/242838675921249/
[並河進]
コピーライター。1973年7月31日生まれ。著書に、『Communication Shift 「モノを売る」から「社会をよくする」コミュニケーションへ』(羽鳥書店)他。映画の企画に『バレンタイン一揆』。
[丸原孝紀]
1976年京都生まれ。コピーライター(東京コピーライターズクラブ会員)。企業に社会貢献型のコミュニケーションを提案するとともに、NGO/NPOのクリエイティブを積極的にサポートしている。

5月5日(月) 17:00~19:00
丹下紘希「あなたを心配する手紙を巡る出来事」トークセッション
NOddIN 1st Exhibitionで発表された丹下紘希による映像作品「あなたを心配する手紙」は、原発輸出相手国であるトルコ国内でSNSを通して予想以上に拡散して、話題となりました。今も反原発運動をする市民活動家の人たちへも届きました。トルコとの原子力協定が可決されてしまった今、わたしたちはどのように進んでいったら良いのか?トルコ現地の方々とスカイプでトークセッションを行います。

5月6日(火) 17:00~18:30
Pete Teo氏トークセッション×NOddIN
[Pete Teo(ピート・テオ)]
マレーシア・サバ州コタキナバル出身。マレーシアでは、最も成功しているシンガーソングライターであり、「ニューウェイブ・シネマムーヴメント」における最重要人物。彼の映像作品の多くは人種差別、イスラム教信仰、汚職、市民的自由権、社会正義、民主主義などのテーマを扱いながら政治改革に提言している。彼は、マレーシア政府のメディアに対する厳しい検閲を受けずに楽曲や映像を公開するための主要な手段としてインターネットを使用しており、彼の短編映画やプロモーションビデオである、Here in my home、15malaysia、Undilah(投票せよ)、Hari Malaysia (マレーシアの日)は、マレーシアの主要な大衆文化のランドマークとして注目を集め、これまでに1800万人以上のマレーシア人が見ている。彼のプロジェクトの多くは、民間のスポンサー、またはパブリッククラウドソーシングによって資金調達を行い制作されており、マレーシアの若手映画制作者に非常に大きな影響を与えてきているだけでなく、実際にメディアや国の政治情勢に変化を起こしている。2011年、CNNによる「注目すべきアジアの135人」に選出。

5月7日(水) 14:00~18:00
山田エイジ氏ワークショップ 「NOddIN×Open Creative Lab」 
一般参加者と作家とがいっしょに映像企画を考えるオープンクリエイティブワークショップを開催します。テーマは「社会のあり方を問う映像コンテンツを企画する」。参加映像作家は、丹下紘希、関根光才、石井貴英、ショウダユキヒロ、佐藤亜美。ゲストに、ユナイテッドピープル関根青龍氏を迎えてワークショップをします。
[注意事項]
参加費は無料です。30人の定員制のため、事前予約が必要になります。直前での飛び込み参加が可能かどうかは、下記メールアドレスにお問い合わせください。参加ご希望の方は13時50分までに会場にお越し下さい。詳しくはfacebookのイベントページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/507131492726257/
担当:ソーシャルクリエイティブプロデューサー/ルトワ編集長 山田エイジ 
問い合わせメール:btt0311@gmail.com
[山田エイジ]
ソーシャルクリエイティブプロデューサー/Le toit【ルトワ】編集長/NPO法人Better than today.代表理事/CMディレクター/脚本家/映画監督
[関根青龍]
ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役
高校卒業後、アメリカの大学へ進学。卒業後、帰国し、主にIT業界に身を置く。2002年に起業。大学の卒業旅行で偶然紛争地訪問したことがきっかけで、世界の問題解決を目指す事業を開始。2003年5月にNGO/NPO支援のための募金サイト、イーココロ!を立ち上げる。著書に「ユナイテッドピープル」。2009年より映画配給事業を開始。2011年からはUFPFF国際平和映像を主催。

5月8日(木) 18:00~20:00
ユナイテッドピープル関根青龍氏 トークセッション(聞き手 丹下紘希)
「見えない世界を観る力を養うメディア論」
[関根青龍]
ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役
高校卒業後、アメリカの大学へ進学。卒業後、帰国し、主にIT業界に身を置く。2002年に起業。大学の卒業旅行で偶然紛争地訪問したことがきっかけで、世界の問題解決を目指す事業を開始。2003年5月にNGO/NPO支援のための募金サイト、イーココロ!を立ち上げる。著書に「ユナイテッドピープル」。2009年より映画配給事業を開始。2011年からはUFPFF国際平和映像を主催。

5月9日(金) 13:00~15:00
ドリームデザイン/助け合いJAPAN石川淳哉氏 トークセッション×NOddIN 「NOddINはこの先これで良いのか?」
[石川淳哉]
1962年大分生まれ。ソーシャル バリュー プロデューサー。(株)ドリームデザインCEO、(株)ベターワールドエナジー取締役、公益社団法人助けあいジャパン共同創始者。世界のさまざまな社会課題を解決するために、クリエイティブの可能性を追求する人生と決断。主な仕事に、書籍『世界がもし100人の村だったら』、イベント「FIFA WORLDCUP PUBLICVIEWING IN TOKYO」、ピースアートプロジェクト「retired weapons」、311復興情報配信プロジェクト「助けあいジャパン」、アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」などがある。自宅に太陽光発電を導入、EV車に シフト。シェア農園で完全無農薬野菜生産中。2014年9月、出身地大分県別府市で温泉力発電を開始。防災士。

特別上映
Shing02監督作品『Bustin'』
MC/アーティストのShing02が脚本・監督を手がけたショートムービー『Bustin'』を特別上映。クラブやダンスをテーマに、普遍的な対立を描くと共に、ユーモアを交えたアート作品。
『Bustin'』ウェブサイト
http://www.e22.com/bustin/index.htm

特別展示「原発広告の展示」
本間龍の著書、「原発広告」の中で紹介されている実際の広告を展示します。
[本間龍]
著述家。1962年、東京都生まれ。89年、博報堂に中途入社。06年、同社退職後、在職中に発生した損金補填にまつわる詐欺容疑で逮捕・有罪となり、1年間の服役。出所後、その体験をつづった『「懲役」を知っていますか?」(学習研究社)で作家デビュー。3.11後は原発と広告の関係について、発言、執筆をしている。著書に『電通と原発報道』、『原発広告』(ともに亜紀書房)がある。


NOddIN 1st Exhibition の様子

20140420_noddin_archive.jpg

The 8th Gallery は、NOddIN(行動する表現)の活動趣旨に賛同し協力しております。

The 8th Gallery

The 8th Gallery/エースギャラリー
〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
担当: 大槻 E-mail: the8th.gallery@claska.com
Tel: 03-5773-9667 Fax: 03-5773-9668

The 8th Gallery について / これまでの展示会・イベントについて詳しくはこちらのページをご覧ください。 ご利用規約および料金についてはこちらの資料をご覧ください。