ピーチャム・カンパニー 『美しい星』

三島由紀夫が唯一核・原子力を正面から扱った小説『美しい星』を演劇化。新進気鋭の演劇集団、ピーチャム・カンパニーによる演劇公演がCLASKA 8F "The 8th Gallery" で行われます。
 

 
猥雑で豊かな言語、身体イメージと、現実にアクセスする今日性を同時に追究するピーチャム・カンパニーによる演劇公演。国内最大の舞台芸術フェスティバルであるフェスティバル/トーキョー内の公募プログラムの参加演目として上演されるものです。
 
今作では、東京タワーを題材にしたダイナミックな野外劇『復活』(フェスティバル/トーキョー11公募プログラム)でも注目された彼らが、三島由紀夫の小説『美しい星』の演劇化に挑みます。
 

 
核兵器、原子力を媒介に、「世界の終わり」に直面する人々の姿を描いた原作。
そこに込められた問いは、どのように現代に響くだろう。
この上演は、私たち人類の現在と未来に向き合う時間ともなる。
 

 
◆ 『美しい星』
[会場] CLASKA 8F "The 8th Gallery"
[会期] 2012年11月12日(月)〜20日(火)
     11月12日(月) 19:00〜
     11月13日(火) 19:00〜
     11月14日(水) 14:00〜 / 19:00〜
     11月15日(木) 14:00〜 / 19:00〜
     11月16日(金) 19:00〜
     11月17日(土) 14:00〜 / 19:00〜
     11月18日(日) 14:00〜 / 19:00〜
     11月19日(月) 14:00〜 / 19:00〜
     11月20日(火) 14:00〜
 
     ※受付開始・当日券販売は開演の1時間前、開場は開演の30分前
     ※上演時間:120分(予定)
 
[入場料] 前売券(事前入金):3,200円(チケット送料込み、振込手数料別途)
       当日精算券・当日券:3,500円、学生割引:2,700円
[原作] 三島由紀夫
[構成・演出] 川口典成(ピーチャム・カンパニー)
[出演] 堂下勝気、八重柏泰士、岩崎雄大、平川直大 (以上、ピーチャム・カンパニー)
     日ヶ久保香、松本力、角北龍、末吉康一郎、佐藤晴彦、田渕正博(椿組)、蓬莱照子
[主催] ピーチャム・カンパニー
[共催] フェスティバル/トーキョー
 
詳しくは、公式ウェブサイトをご確認ください。
http://peachum.com


公演の様子

20131228_peachum1.jpg

20131228_peachum2.jpg

20131228_peachum3.jpg

20131228_peachum4.jpg

20131228_peachum5.jpg

The 8th Gallery

The 8th Gallery/エースギャラリー
〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
担当: 大槻 E-mail: the8th.gallery@claska.com
Tel: 03-5773-9667 Fax: 03-5773-9668

The 8th Gallery について / これまでの展示会・イベントについて詳しくはこちらのページをご覧ください。 ご利用規約および料金についてはこちらの資料をご覧ください。