「自由のためのデザイン、デザインにおける自由」
ポーランドのグラフィックデザイン1981年-2011年

CLASKA 8F のThe 8th Gallery で開催される展覧会のご紹介です。

本展覧会は2011年後半ポーランドがEU議長国になるにあたり、「ポーランド実用グラフィックデザイナー協会」(STGU)が、ベルリンと東京にて国際プロジェクトとして開催するものです。

この機会でしか見られない貴重な作品が多数出展されます。
会場でポーランドの視覚文化に関連した出版物、ポスター、グッズの販売も行います。

またポーランドからアーティスト、クリティック、映画監督、デザイナー等が来日しレクチャー、ワークショップ、映画上映等を計8回開催します。ワークショップでは、簡単な印刷機で来日アーティストが新たな作品も制作します。

日本での初めての大規模な展覧会となりますので、ぜひ沢山の方々にポーランドの文化に触れて頂ければ幸いです。

◆「自由のためのデザイン、デザインにおける自由」
 ポーランドのグラフィックデザイン1981年-2011年
[会場]CLASKA 8F "The 8th Gallery"
[会期]2011年10月14日(金)〜23日(日)12:00〜20:00
    ※オープニングパーティー:10月13日(木)19:00〜
[主催]STGU ポーランド実用グラフィツクデザイナー協会
http://design-freedom.stgu.eu/jp/

> 本展覧会について、またレクチャー、ワークショップ、映画上映等のスケジュールについて
 詳しくはこちらの資料をご覧ください。(pdf形式、927KB)
> 映画作品について詳しくはこちらの資料をご覧ください。(pdf形式、241KB)
※レクチャー、ワークショップ、フィルム上映への参加ご予約を承ります。
 詳しくはこちらのページをご覧ください。

このプロジェクトは、アダム・ミツキェヴィチ研究所の
「2011年ポーランドEU議長国計画」のプログラムの一環です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
日本がバブル経済で賑わう'80年代。多様なアートの展覧会が次々と開催され、また、世界の名品が高値で売買され日本でアートブームが沸き起こりました。そんな中、ポーランドでは共産体制の下、まだ表現することに様々な制約があり、アーティストは自らのアイデンティティーと表現との葛藤の中で揺れ動いていました。


今回の展覧会「自由のためのデザイン、デザインにおける自由」は、そんな激動の'80年代から現在までのポーランド・グラフィツク・アートの貴重な作品を、当時の映画等を交えてご紹介するものです。


今回、ポーランドから世界的に活躍されているアーティスト、クリティック、映画監督、ファッションデザイナー等が来日し、作品とその作品が生み出された社会的・文化的状況などをお話し致します。


映画は、2本上映されます。'80年代共産体制下のポーランドで沸き起こったロックを主題としたドキュメンタリー「Beats of Freedom」(2010年)。
その当時の記録映画も挿入されています。

もう1本は、映画監督のアンジェイ・ワイダ、写真家のタデウシュ・ロルケ、ブランド「ビバ」創立者のバルバラ・フラニツキ、画家のヴィルヘルム・サスナルその他アーティスト等が語る「Political Dress」(2011年)。

レクチャー、ワークショップ、映画等を通して知られざるポーランドの豊かなアート・文化に触れて頂ければ幸いです。また、来日アーティストと直に触れて頂き「表現するとはどういうことか」を改めて考えて頂くきっかけになれば幸いです。

この機会でしか見られない世界的に貴重な作品が多数出展されますので、どうぞお見過ごしの無いようご覧くださいませ。

(CLASKA 8F The 8th Gallery 荒川恵子)

==================================================================

10月14日(金)よりポーランドのグラフィック・デザイン展「『自由のためのデザイン、デザインにおける自由』 ポーランドのグラフィックデザイン1981年-2011年」がいよいよ始まりました。

右から今回のキュレーターRene さんが開会のご挨拶。(お隣はコーディネーターのアレキサンドラさん)1人置いて秋山孝(多摩美術大学教授)が東京でポーランド・グラフィックの本格的な展覧会を見る機会が出来たことを大変喜ばれていました。

ポーランドのワルシャワにて隔年で開催されるワルシャワ国際ポスタービエンナーレは、ポスター専門のビエンナーレで初開催は1966年ととても歴史のあるポスターコンクールです。
亀倉雄策、福田繁雄、横尾忠則、サイトウマコト、松永真、水谷孝次などが受賞し日本のポスターが国際的に評価を受ける契機となったのは、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレでの受賞と言っても過言ではないそうです。日本のグラフィック・デザイナーとの交流も深いそうです。

ポスターの展示に加え70年代ロックのレコードジャケットやパンフレットから現在のデザイン誌まで様々なビジュアルが勢ぞろい。ポーランドのデザイン状況が良く分かる構成になっています。 中々見ることの出来ない貴重本なども気軽に手にとって見ることが出来ます。
さすがに世界が認めるグラフィック・ポスター王国どれもすごいインパクトです。

会場には来日したクリエイターの本やここでしか入手できないTシャツ、また布製のバッグ、バッチ等も販売されています。残り少なくなってきましたので、お早めにいらして下さい。

中には無料のバッチなどもあり、お気に入りのバッチを探してみて下さい。

屋上でのオープニングパーティーの模様。

13日(木)の夜には、オープニングパーティーをクラスカ屋上で開催しました。
満月をバックにクリエイターのグジェゴシュ・ラシュックさん(左)と美術史家&キュレーターのアガタ・シドウォフスカさんが即興でパフォーマンスを披露してくれました。
アガタさんは、2006年から2011年までワルシャワ国際ビエンナーレ他を担当。また、ロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムのポスターと政治との関係を主題にしたプロジェクトにも協力するなど、多方面で活躍。今回はレクチャーの為に来日。

ポーランドの特産品リンゴやニシンのカナペなどが美しくディスプレイされて、食べるのがもったいないほど!!

ポーランドでもポピュラーな綿あめ。日本固有のものだと思っていましたが.....。
世界で最も重要なポスターデザイナー50人の1人に選ばれたハコボさん(左から2人目)も来日。
レクチャーやワークショップをエースギャラリーで開催します。ぜひご参加ください。

今後のレクチャー、ワークショップ、映画上映 ※いずれも無料でご参加いただけます。

■10月22日(土)レクチャー
16:00〜17:00 KUBA SOWINSKI(クバ・ソヴィンスキ)
         ポスターだけではないポーランドの現代グラフィックデザイン
17:00〜18:00 MICHAEL OKRAJ(ミハエル・オクライ)
         ヨーロッパから見たポーランドのグラフィックデザイン

クバ・ソヴィンスキ:

ポーランド出身のグラフィックデザイナー。クラクフ美術大学講師。
Wojciech Kubiena(ヴォイチェフ・クビェナ)と共同で、『Biuro Szeryfy(オフィス・シェリフィ)』デザインスタジオを運営。全国季刊デザイン誌『2+3D』の共同創刊者のひとり。

ミハエル・オクライ:
ドイツの雑誌『polenplus』および『P+』のデザインを手がけた。
社会文化をテーマとした週刊誌『Przekrój(プシェクルイ = 断面)』の新デザインのコンペティションで優勝。
ワルシャワのドイツ大使館のロゴを作成。またドイツの財務省とポーランド郵便のために数多くの切手をデザイン。

■10月23日(日)
16:00〜18:00 ワークショップ
          KUBA SOWINSKI(クバ・ソヴィンスキ)×MICHAEL OKRAJ(ミハエル・オクライ)
18:00〜 映画上映
      『Beats of freedom』+『Political Dress』日本初公開映画

Beats of Freedom http://www.youtube.com/watch?v=31SYLxt1gOE
Political Dress http://www.youtube.com/watch?v=xIBqWtm1Te0


「自由のためのデザイン、デザインにおける自由」  ポーランドのグラフィックデザイン1981年-2011年
[会場]CLASKA 8F "The 8th Gallery"
[会期]開催中〜10月23日(日)12:00〜20:00
[主催]STGU ポーランド実用グラフィツクデザイナー協会 http://design-freedom.stgu.eu/jp/
ポーランド大使館
http://www.tokio.polemb.net/index.php?document=479
http://twitter.com/#!/ambrptokio

The 8th Gallery

The 8th Gallery/エースギャラリー
〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
担当: 大槻 E-mail: the8th.gallery@claska.com
Tel: 03-5773-9667 Fax: 03-5773-9668

The 8th Gallery について / これまでの展示会・イベントについて詳しくはこちらのページをご覧ください。 ご利用規約および料金についてはこちらの資料をご覧ください。