モノ・モノのモノ市
2015年9月19日(土)~30日(水) 11:00~19:00

20150907_monomono_main.jpg

グループモノ・モノが収集した希少な生活道具、
昭和の名作クラフトをお値打ち価格で一挙放出!

1969年、東京・中野のマンションの一室に作り手やデザイナーのための交流スペースが誕生しました。創設者は工業デザイナーの故・秋岡芳夫氏。

秋岡氏とその仲間で結成されたもの作りのスペシャリスト集団「グループモノ・モノ」は、1970~80年代にかけて日本各地でクラフト運動を展開しました。中野の一室はその後も生活道具店として存続していますが、老朽化のため現在リニューアル工事を行っています。

今回は改装中の特別セールとして、モノ・モノのメンバーが収集した貴重な民具や工芸品、倉庫に眠っていた昭和期の名作クラフト、手仕事関係の書籍をお手頃な値段で放出します。ジャンルは木のものを中心に、焼き物、ガラス、織物までさまざま。今回限りのイベントですので、皆さまぜひご来店ください。


20150907_monomono_title.gif
[会場]CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店 (CLASKA 2F)
[会期]2015年9月19日(土)~30日(水) 11:00~19:00
*グループモノ・モノのメンバーの方が会期中在店されます。

【トークイベント】
「民芸、クラフト、プロダクトの接点
~ 『民藝』 No.350(1982年2月号) 柳宗理と秋岡芳夫の対談記事を読み解く ~」
[日時]9月26日(土) 14:00~15:30 参加無料、ご予約不要

工業デザイナーの秋岡芳夫(グループモノ・モノ創始者)に師事した工業デザイナーの光野有次さんと、柳宗理に師事した工業デザイナーの吉田守孝さんのお2人を招いてのトークイベント。月刊誌『民藝』に掲載された秋岡芳夫と柳宗理の対談記事から、民芸、クラフト、プロダクトの根底に流れる思想を読み解きます。