NON FICTION -ノンフィクションで候-
2009年7月17日(金)~8月16日(日) 10:00〜19:00





◆NON FICTION -ノンフィクションで候-
directed by iseneehihinee(他社比社)

期間:2009/7/31(金)~2009/8/16(日) 10:00-19:00
会場:CLASKA 3Fギャラリー302.
協力:MANGART BEAMS T

この度「へうげて、暮らすか」開催にあたり、CLASKA 3Fギャラリー302にて「へうげもの」をテーマにした「iseneehihinee(他社比社)」によるインスタレーション「NON FICTION -ノンフィクションで候-」を開催いたします。漫画「へうげもの」に登場する300〜400年前の国宝級の骨董品を世界中から収集し、ギャラリーにて展示致します。特に第9服中のクライマックスシーンの原画展示は貴重な機会ですので、ぜひ会期中にご覧いただければと思います。

=======================================
「コンセプト」は「ノンフィクション」にて候。
「真実」を追究してござりますゆえ、「事実」とは一切無関係にて候。
(モーニングno.11 第九十一席 欄外コメントより引用編集 )
=======================================

今回の展示会は、-THE BOOK OF TEA(岡倉天心)第四章「茶室」より引用した以下文章(一部編集済)に影響を受けています。

無意味な重複を嫌い、ひそかに行い、偶然にこれが現れることが傑作の条件の1つ。重要なのは、言わない部分や謎を残しておくことで、見る人はイメージを完成するチャンスを与えられます。そうやって作は強烈に見る人の「注目」をひき、自分もその作品の一部になったかのように思わせる「魅力」があります。テーマの美を引き立てるために斬新にアレンジして、自分を引いて見た自分を引いて見て、バランスをとる。美を上手に隠し微妙にしてほのめかし茶気をだす。完成への想像力を働かすための未完成美、の極み。

岡倉天心著 -THE BOOK OF TEA(茶の本)
-1906年 フォックス・ダフィールド社(ニューヨーク)
第四章「茶室」より引用(一部編集済)

text by iseneehihinee(他社比社)


◆NON FICTION出品作品一覧

・ノ貫の立て札
(財)アムステルダム国立博物館(オランダ)所蔵

・伊達政宗の眼帯
(財)フランス国立博物館(フランス)所蔵

・瀬戸屋の看板
(財)ニューヨーク財団MOMA(アメリカ)所蔵

・古田織部の窓
(財)ルーヴル王立美術館(フランス)所蔵

・ニーハオ 你好の掛け軸
(財)上海近未来美術館(中国)所蔵

・織田信長の不知火
(財)ベルリン・ミュージアム(ドイツ)所蔵

・山田芳裕の漫画
(株)講談社(日本)所蔵

・THE BOOK OF TEA a.k.a THE SHIRTS OF T
(株)ビームス(日本)制作

◆『へうげもの×MANGART BEAMS T』 販売アイテムラインナップ

・THE BOOK OF TEA [Tシャツ]
「へうげもの」は21世紀の「THE BOOK OF TEA」(岡倉天心)であるとの見立てから仕立て上げられた。茶の心はつねにそれを伝えるメディアを必要としている。Tシャツもまたメディア。

・820296_ORIBE [Tシャツ]
今回の「へうげて暮らすか」展にてへうげ十作に与えられたテーマである重文「破袋」をテーマグラフィックとしてフィーチャー。Tシャツのボディーカラーはオリーベ。

・D [Tシャツ/キャップ]
伊達正宗の独眼的心意気を日常的に取り入れるためにイニシャルDが誇り深く刻まれた2アイテム。

・SHIMA MOYO [Tシャツ]
南方の島由来のヴァーティカル・ストライプを織部が愛したことからソースサンプリングされたパターン。Tシャツなら横ボーダー、Yシャツだと縦ストライプという世間一般の縞模様棲み分けを打破。

・TOBACCO -hechikan blend- [Tシャツ]
へちかん曰く、「茶を点てるまでタバッコでも喫われよ。裏庭の麻の葉っぱが身も心もほぐしてくれるぞ。」ヘチカン自家栽培のスペシャルブレンド。