「caresser la maison ‐ 家をかわいがる」矢倉 理江 展
2008年10月3日(金)〜10月26日(日)





パリ在住の女性クリエイター、矢倉理江展をCLASKA ギャラリー&ショップ"ドー"にて 行います。矢倉さんはパリを拠点に古い工場や市場の家具や廃材、着物や日本で見つけたパーツなど、 出会いで見つけた道具や家具に独特の加工を加え、日本とフランスの狭間で どこにもないオリジナルの家具やオブジェを作り続けるクリエイターです。展示会のコンセプトは「caresser la maison ‐ 家をかわいがる」。 居心地良い家を作るためには、家も人や動物のようにかわいがってもいいはず。 そのためには家を綺麗にする掃除道具や作業着も、自分の好きなものを集めたい。 パリで制作され、海を渡ってやってきた家具や道具が空間を彩ります。

取扱商品:ダイニングセット、ソファ、ランプ、オブジェ、クッション、キーホルダー、 掃除道具、作業着、他


矢倉 理江(やぐら りえ)

大阪生まれ。25歳より渡仏。現在はパリに活動の拠点を置く。アジアとヨーロッパの両方の価値観を持って作品を作りつづけるクリエイター。 フランスを中心に選び抜かれた家具やオブジェの数々、そこから受けたインスピレーションでオリジナルの家具やオブジェを制作する。 フランス著名女優の自宅内装をはじめ、日本でも数々のショップ内装を手掛ける。ファッションブティック「Notre Escalier」代官山、「Bizar Basar」大阪、「Orudoru」仙台、録音スタジオ「Chez l'autre」パリ、ホテル「Casa del Mar」コルシカ島 他。

http://www.mademoiselley.com/