余興もサプライズもない。あるのは、おいしい料理とありがとうの気持ちだけ

「余興もサプライズもない。あるのは、おいしい料理とありがとうの気持ちだけ」このタイトルは、招待ゲストへのファーストインビテーションとして作成されたウェブサイトの映像で伝えられていたメッセージです。

「ありがとうの気持ち」を、いかに伝えるか。新郎新婦のおふたりらしさを大事にしながらゲストの皆さま、中でも特にご家族に感謝を伝えるアイデアを随所に取り入れました。

人前挙式では、新郎新婦がそれぞれご両親と手を繋いでご登場。「久しぶりに並んで手を繋いだ」照れ臭さと嬉しさに溢れる、笑顔の入場となりました。指輪の交換ではリングリレーを行ないゲストの皆さまで指輪をつないだ最後、新郎の妹様・新婦のお姉様のおふたりから新郎新婦へとお渡しいただきました。最後に全員で並んだ形がハートになる楽しい集合写真を撮影したら、続く披露宴へと移ります。

披露宴では、会場装飾にこだわりを。天井には、新婦のお母様が作られたフラッグと電飾をセット。メイン席にはCLASKA ウェディングランドで一目惚れされたという大きな木の家型パネルをバックにアットホームな温かい雰囲気でまとめました。

そして、ケーキ入刀・ファーストバイトではなく「家庭料理バイト」の開催です。ご両家のお母様と新郎新婦がそれぞれ作られた、4種類の"いつもの卵焼き"。ご両家のお父様方にはアイマスクを着けて奥様が作られた卵焼きを当てていただこうという趣向に、ご両家とも見事大正解!最後に新郎がアイマスクを着けて、いちばん美味しい卵焼きを発表です。選んだのはなんと、お母様の卵焼き。ご両家一同から思わず笑いがこぼれ、会場は大盛り上がりとなりました。

和装から洋装へのお色直しをしたパーティー後半では、デザートビュッフェを囲みながらゲストとゆったりご歓談いただける時間を設けました。

披露宴も終盤、「サプライズはなし」と宣言していた中で、実は新郎がふたつのサプライズを用意されていました。ひとつは、ご両親さながらに幼い頃からお世話になったおじ様、おば様へのご挨拶を。それから、新婦に向けて。大好きな御祖母様からのビデオレターと、これまでの感謝の気持ちを込めたトロフィーを。トロフィーはゲストにも協力していただいて完成したものです。新婦の涙に、会場も涙。素敵なサプライズでした。

2次会は、少人数の親しいご友人を招いたホームパーティーのように。新郎新婦がマイクを持ち、皆で真剣にゲームをして遊びます。喜んだり、悔しがったり、大笑いしたり。あっという間の時間でした。

ゲストに楽しんでいただけるようにと、おふたりとのお話を楽しみながらお打ち合わせを重ねて参りましたが、迎えた本番当日の皆さまの様子を見守らせていただきながら、それがしっかりと伝わったのではないかと感じました。

お打ち合わせの前に必ず寄られていたという思い出の「コンビニ前」からはじまり最後まで、どの写真もおふたりとゲストの皆さまの笑顔に溢れる、素敵なパーティーでした。

[挙式]CLASKA ルーフトップ 69名
[披露宴]CLASKA 3F Studio A 69名
[2次会]CLASKA 3F Studio A 20名

装花 cherry radish / ヘアメイク LAURUN(野中) / 撮影 es mare(奥川)

(プランナー 小野田有里子)

おふたりからのコメント

皆さんこんにちは。写真を見て頂いたとおり、普通ではない結婚式を挙げた者です。私たちもこれまでの諸先輩方の全コメント読破しましたが、何一つ偽りなんて御座いませんでした。私たちの感想を、箇条書きでいきたいと思います。

・プランナーさんの笑顔が最高
毎度笑顔を見るたびに癒され、打合せが楽しみで仕方ありませんでした!

・ホテルがスタイリッシュ
洋風の中にある和の繊細さ。有名な建築家の方々の知能をぶつけて仕上がったリノベーションの完成度は半端じゃありません。これは実際足を運ばないと知りえません。

・漠然としたイメージを"形"にしてくれる
私たち全くノープランでした。本当に2つ、3つやりたいことがあるくらいで、後は プランナーさんとのおしゃべりの中で自然と案が出てきました。これもプランナーさんの実力なんでしょうね!(敢えて「打合せ」とは言いません。笑)

・りょうり
畏まったかた〜い「料理」ではなく、フランクでありながら洗練された"りょうり"でした。普通では出会えないようなアイデア溢れる種類とバリエーション、1品1品のクオリティーの高さ&味の完成度は脱帽でした。

・何でもあり
普通をこよなく嫌う私たちですので何度も数え切れないくらい無茶難題をぶつけました。でも何1つ拒否せずやりたいことを全てやらせて頂きました。普通に考えたらありえないですよ、こんなの。笑

など、他にも挙げたらきりがありません。

これまでにもたくさんの方々がこの聖地CLASKA で式を挙げてきました。私たちも顔と式の内容を暗記するくらい何度も何度もパーティーレポートを拝見致しました。

実際自身も式を挙げてみて思ったことは、素直に"愉しかった!"これにつきます。

人生に1度きりの大事な式です。この日ばかりは自身が主役です。お金も時間もかけるからこそ、一生の思い出に残る個性豊かな式にしては如何ですか?その夢を叶えられるのはここCLASKA だけだと思います。

大切な家族・友人と趣向を凝らした空間で、そのかけがえのない時間を どう「暮らすか?」。。。

皆さんも迷わず"CLASKA"を選択するべきだと思います。