まさに、俺ウェディング。リングにかける熱い想い

初めておふたりにお会いしたのは、新郎の目線をテーマに「俺ウェディング」と題し2012年7月に開催したCLASKA ウェディングランド 3 でした。

その際に、ご新郎様が一番大事にされていたのは格闘技のリングが会場に入れられるか、という事。これまでに何度か小さなリングを設置した事はありましたが、ご希望されていたのは、本格的な大きなリングでした。

何度も何度も調整を重ね、試行錯誤を繰り返し、入念な準備をもって当日を迎えました。

リングのお披露目は2次会からだったため、披露宴では会場内に大きなカーテンを設けました。

披露宴は自然光も入る、明るい会場でご友人作成のプロフィール映像やライブ演奏など。会場は笑顔に溢れ、とても温かいアットホームなパーティーとなりました。

ここから一息つく間もなく、夢にまで見た大舞台の幕開けです。

通常よりもたっぷりとリハーサルの時間を設け、本番さながらの入念なウォーミングアップを行いました。

受付がスタートしてもまだカーテンはオープンせず入場はおふたり揃った姿で拍手に包まれる中、2次会が無事開演しました。

乾杯の後、さらっとご新郎様が会場を後にし本番に向けて、着替えをし準備を整えます。

会場は暗転し、オープニング映像を上映。ご新郎の入場は、プロ選手のようにとってもかっこいい、インパクト溢れるものとなりました!

入場と共にカーテンも幕を開け司会者も実況アナウンサーに、会場の熱気は一気に上がります。

ただプロレスをするのではなくプロレス技を繰り広げて行うビンゴゲームやラウンドガールの登場、最後には大切なご友人との本気の勝負など、徹底した演出にゲストも大変喜ばれていました。

ここまで本格的な物を実現出来たのには、新郎の熱い気持ちと、ふたりを慕うご友人の協力と理解あるご新婦の存在、皆さんの想いが重なっての事だと思います。

来ていただいたゲストの方に楽しんでいただきたいという強い想いからこんなにもインパクトのある本当に楽しい時間になり、まさに「俺ウェディング」を叶えた素敵なパーティーとなりました。

これからも、おふたりのように少しでも多く「やりたい事を実現する」お手伝いをさせていただきたいと強く思います。

[挙式]CLASKA ルーフトップ 58名
[披露宴]CLASKA 3F Studio A 58名
[2次会]CLASKA 3F Studio A 93名

装花 farver / ヘアメイク LAURUN / 撮影 es mare

(プランナー 小野田有里子)