幸せを願うキャンドルリレーにゲストから歓声が。ひとつひとつ丁寧に選び抜かれたおもてなし

はじめはしっかりとした結婚式を挙げるつもりはなかったそうですが、「やると決めたらとことんやろう」と、ひとつひとつ納得のいくものをセレクトされていました。

そのひとつひとつは全てゲストの事を考えたもの。"どんな事をしたら楽しんでいただけるか"、"どんな物を選んだら喜んでいただけるか"、そんな想いで、おふたりのパーティは出来上がっていったように感じます。

ご親族様だけのお食事会では、飾らない雰囲気で迎賓スタイルの後、自然な流れでおふたりもご入場。進行の中でご親族紹介を行い、歓談ベースのゆったりとした時間をお過ごしいただきました。

挙式には、ご友人の方々も参加されゲストに見守られながらの人前式を。晴天の中、フラワーガール・リングボーイの活躍で和やかな笑顔あふれる空間となりました。

挙式後、ご友人を招いての着席パーティー。装飾にもこだわりを持って、セレクトしたfarver。メイン席を包むように大きく伸びる木は、素敵な撮影スポットとしても大活躍!テーブル装飾も華やかで、ゲストの皆さまからも好評でした。

そして進行の後半にはキャンドルリレーの演出を。テーブル装飾の一部になっていたCandle JUNE のキャンドルを使用し、ゆっくりゆっくり会場全体にキャンドルの火が灯った最後、両家のお母様よりおふたりに火が受けわたり、願いを込めて、全員で吹き消しました。そしてそのキャンドルをギフトにするという、歓声が上がったほどの素敵なプレゼントとなりました。

じっくり、丁寧に選んで決めていった全ての物がゲストにとっても居心地の良い空間となって「いい式だった」と、お言葉をいただけるとっても素敵なパーティーとなりました。

[食事会]CLASKA 3F Studio A 33名
[挙式]CLASKA ルーフトップ 88名
[披露宴]CLASKA 3F Studio A 55名

(プランナー 小野田有里子)

装花 farver
ヘアメイク Hair Make Sarah
撮影 es mare