WALKWALK ― おふたりとも大好きな「散歩」。結婚からはじまるふたりの「散歩」をテーマに

立食スペースと木陰休憩スペースのほか、散歩の途中でピクニックをするようにゆっくり座って食べられるスペースも。仕上げの飾りつけはfarver さんのスカーフコレクションで。

芳名帳代わりに写真を撮り、名前を書いて貼ってもらう。ゲストの関係を知ることができる「家」(左)。なるべく手に持つものが少なくて済むよう、首から提げられる箸ケースも家族総出で手作り。ゲスト1人1人の名前をつけて、ネームプレートに(右)。

ガチャガチャから出てくる葉っぱを使った「はっぱひょうほんワークショップ」。散歩で出会ういろんな生き物をゲストみんなが葉っぱで作り、壁に飾りました。

「五平餅」の旗も、新郎新婦が苦労して作られたこだわり。

おふたりにとって大切な京都の町並みを再現した、ジオラマケーキ。

京ろうそくがモチーフである京都タワーをほんとうにろうそくで作りケーキ入刀ならぬ「入灯」。

おふたりとも偶然京都の大学ご出身で京都が大好き。京都の下賀茂神社にて結婚式を挙げられたのち、東京ではCLASKA で「結婚報告会」を行われました。

後日おふたりが届けてくださった1冊のフォトブック。準備段階でのメイキング秘話から当日の模様までがまとめられた、70ページの大作です。おふたりのたくさんのこだわりと愛情が詰まったこのすてきな本は、私共関係スタッフ一同にとっても、感激の記念品になりました。(誌面をクリックすると少し大きくなります)




ウェルカムボード(散歩道への「案内標識」)も、新郎の手作り。


ゲストがひとやすみできる切り株スツールを切り出しに、岐阜県まで!




[1.5次会]CLASKA 3F Studio A 115名

(プランナー 上松由起)

会場装飾・ブーケ farver
ヘアメイク LAURUN
撮影 es mare