CLASKA WEDDING WAY
Light
3月10日(日) 開催

CLASKA が提案するウェディングの新しいスタイルを体験いただけるイベント「CLASKA WEDDING WAY」。3月10日(日) に開催する2019年第1弾のテーマは『光』です。会場を光で彩る、新しい照明の演出をお披露目します。

wway_1800.jpg

今回体験いただくのは「照明 × 装飾 × 音」で作るウェディングです。裸電球や自作照明を用いた自由な照明演出を手掛け「仕立て屋のサーカス」でも活躍する照明作家 渡辺敬之さんと、フローリスト「密林東京」の ACCO SUZUKI さん、「Sound Couture」の Yasuharu Okochi さん。3名のクリエイターがタッグを組み、光と影、植物、そして音楽が有機的に交わう幻想的な空間を生み出します。

新郎新婦を照らすのではなく、新郎新婦とゲスト、そして会場を一体化する演出は、参加するゲストにも新鮮な驚きをもたらしウェディングパーティーを一層楽しんでいただけることでしょう。

当日はゲスト目線で様々な演出を体験いただくほか、クリエイターによるトークショーやお料理のご試食もご用意します。ほかでは体験できない『光』のウェディングを感じに、ぜひご参加ください。

CLASKA WEDDING WAY
Light

[会場]CLASKA 3F
[日時]2019年3月10日(日)
第1部 12:00 受付 / 12:30~14:30
第2部 16:30 受付 / 17:00~19:00
[定員]各部10組20名様 ※要予約
[参加費]無料(空間体験・前菜 / メイン / デザート 3品のご試食・トークショー・ウェディング相談付き)
[参加クリエイター]照明作家 渡辺敬之 / 密林東京 / Sound Couture / es-mare / Sugarman films

[ご予約方法]
お電話、メール、オンラインでご予約を承ります。
minna_2.jpg

メールでのご予約

件名を「0310 イベント予約」として下記1~4 の内容をご明記の上、CLASKA ブライダルデスク宛(wedding@claska.com)にご連絡ください。
1. おふたりのお名前
2. ご希望の時間(第1部 / 第2部)
3. 代表者様のお電話番号
4. 食品アレルギーの有無
※対象は、CLASKA でのウェディングをご検討されている方のみとさせていただきます。

[お問い合わせ先]
CLASKA ブライダルデスク
Tel:03-5773-9667(10:00~18:30 水曜定休) E-mail:wedding@claska.com
claska_wedding Instagram

[タイトルデザイン]Shingo Kurono


[参加クリエイター プロフィール]

watanabe.jpg

照明作家
circo de sastre / 渡辺敬之(Takashi Watanabe)

2012年より活動を開始。裸電球や自作照明を使用しての、アナログで自由な仕掛けは各方面で話題を呼び、多数のアーティストのライブ照明を手がける。近年は空間と時間の伸縮をテーマに、ライブ照明にとどまらず、映画やミュージックビデオ、CM撮影の照明、展覧会や展示会、ショーやパーティーの空間演出も手がけており、その世界観はますます膨張している。妖しくも流麗なパフォーマンスは、各地で大きな話題を集めている。

03_mitsurin.jpg

フローリスト
密林東京 / ACCO SUZUKI
http://mitsurintokyo.com/
植物を使って自由に制作をしています。空間づくりから、葉っぱの帽子、ドレスコサージュやアクセサリーまで、特に決まりはありません!

profile_haru_2.jpg

サウンドスタイリスト
Sound Couture / Yasuharu Okochi
http://soundcouture.jp
"目に見えない音楽にまで拘ること、それがパーティーの空気感を決める秘訣"
お二人の「想い」を音楽で完璧にトータルサポート。選んだ音楽をただ流す(BGM)だけでなく、お式の準備からお二人の好きな「モノ」「コト」「オト」を お式のコンセプトに合わせて、「ファッション」「空間デザイン」「装花」「料理」「テーブルウェア」のテイストまで考慮し、約100〜120曲の音楽や音を1日のパーティーでスタイリング。映画のワンシーンのような「素敵な一日」を演出します。

wway_okugawa.jpg

カメラマン
es-mare / 奥川 ススム
http://es-mare.jp/
古いモノとお酒をこよなく愛する、人情フォトグラファー。
カッコかわいくキャッチーで、ゆるふわな写真を得意としてますが、
もっと得意なのは奥川ススムというキャラがいつでもその場に馴染んでしまう事。
客観的だけど大胆だったり、ゆるいのにピリッとしていたり。
そんなバランスを大事にしながら撮影しています。

wway_ito.jpg

映像カメラマン

Sugarman films / 伊藤 滋康
http://sugarmanfilms.com/
Sugarman Filmsは、お二人との距離を大切にしています。
お二人の自然な姿を、私たちの目線で切り抜いてそのシーンを大事につなぎます。
大切な晴れの日を一緒に楽しみながら、お二人のたった一つのストーリーを作っていきましょう。


> 「CLASKA WEDDING WAY」前回開催時の様子はこちらからご覧になれます。
> 通常の「ブライダル相談会」では、ウェディングプランナーが1組1組のお客さまと個別にお会いし、おふたりらしい、理想のウェディングのご相談に応じます。日程など詳細はこちらからどうぞ。