大宮エリー&おおはた雄一<br>「物語の生まれる場所」